無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
17話概要。不幸の前の幸せ、の回ね。わかっちゃいるけど‥
  心平、行直と平安はキッチンで夕食の準備をしていた。心平はあれこれ言うばかりで鉄出いにもならず、行直も心平と二人で平安をからかうのだった。平安は家族が十年ぶりに集まって食事をするのだから、みんなが伴侶をつれて参加すべきだと言った。だから、行直も必ず恋人を連れてくるように、と。
心平は行直が返事をしないのを見て、母が自分を思いだしたとき、まっさきに誰に言いたかったかを考えてみるように言った。それが意中の人だから、その人を招けばいいと。一方で、平安と母親は行直が誰を連れてくるか話し合っていた。母はカットがお気にいりだったので、行直の代わりに自分が彼女を呼ぶことにした。カットは警察署で行直の母からの招待メールを受け、大喜びするあまり、同僚たちに早くも義母に尽くしているとからかわれた。
だが、行直は丹青を誘おうとしていた。だが、メッセージを送ろうとしてはためらっていた。そのとき、たまたま警察署の外で彼女にばったり出会った。丹青は彼を連れてスーパーへ買い物に行った。丹青は、小さいころに大好きだったオレンジ味のチョコレートを行直も好きだと知った。行直は丹青を誘ったが、口の中でもごみご言うばかりで、丹青も返事はしなかった。
 行直が丹青の家まで買い物を運んで、帰ろうとしたとき、丹青はようやく一緒に行くと言った。実のところ丹青も部屋で着替えをしながら嬉しくて小躍りしていた。そして、精いっぱいのおしゃれをして行直に同行した。

そのころ平安は賭場でやっと大文を見つけたところだった。大文はその場を離れたがらなかったので、平安は大文に賭けをもちかけた。大文は惨敗し、家に引っ張っていかれるだけでなく、母への高価な贈り物まで買わされてしまった。

カットが来たのを見て、龍虎鏢の三人組は大喜びして、行直はきっと彼女のものになると言ってくれた。
母は叔母に、雷蕾はカッとなりやすいけれども心平にはメロメロだし、よい娘だから長男の嫁と認めてもいいと話していた。叔母は笑って、二人のことはたとえ母親であれ口出し無用だと言った。話の途中で叔母は急に胃が痛いと言い出した。
母は平安と心平がいるのを見て食事を始めようと言ったが、カットは行直を待とうと提案した。その行直が丹青を連れてきたのを見て、一同は困惑し、カットはいたたまれない思いをした。
食事のとき、行直はようやく一家がそろったことについて、みんなに感謝の意を述べた。心平は黙って弟の肩を抱いた。
母はひたすらカットの世話をして、行直のそばに座る丹青のことは一顧だにせず、丹青は不愉快なひと時を過ごすことになった。
行直と丹青は食事の後に散歩をしていた。丹青は、行直の母はカットのほうが好きなようだと言った。行直は妙なことを考えないでくれと慌て、カットのことはなんとも思っていないと宣言した。行直は丹青に気持ちを伝えようとしたが、結局は何も言えなかった。失望した丹青はタクシーで家に戻った。

心平は雷蕾と付き合って十年になるのを記念して、食事を作っていた。その背中を見つめながら、雷蕾はフィリピンで二人で過ごした日々を思い出していた。食事の後、心平は真剣に雷蕾にプロポーズした。雷蕾は一言で承諾した。

行直は車で丹青の家へ言ったが、まだ決心がつかないままだった。ついに勇気をふるって、彼は丹青のドアのベルを押したる丹青はドア越しに行直を見て狂喜したが、わざとドアを開けずに冷淡にふるまった。
ドアの外で、行直は丹青に内心を語り、好きだと告げた。丹青はドアから飛び出していきなり行直にキスした。

カットは跌打館に帳簿を届けに行った。そこで行直が荷物をまとめているところに行き会った。行直は、カットの姉に送るつもりのメッセージをカットに見せた。その中で行直は、好きな人に告白したと語っていた。カットは衝撃を押し隠し、行直の前でなんともないふうを装った。跌打館を出て、傷心のカットは海辺をさまよっていた。そして、そこで羅庚と丹青が一緒にいるのを見てしまったのだった。
| 星野ケイ | 星野ケイ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gottafight.jugem.jp/trackback/827